企業情報

企業理念

私たちは コミュニケーションでもっとスムーズな社会づくりに貢献します!

英語は世界で使われるコミュニケーションツール
手に入れたいと思ってる人のために言える事
それは「毎日学ぶ」が1番大事ということ
そんな単純なコトって思ってもなかなかできない
そう、毎日学ぶには適切な環境が必要なんです
だから、SEEDは毎日英語に触れられる
これまでにない環境を提供します

もっとスムーズなコミュニケーションで
もっと世界を理解し
理解しあえる世界の実現に貢献します

会社概要

会社名 株式会社SEED
サービス名称 Super-English
住所 東京都品川区上大崎1−15−23
代表者 タカキ・ポール・ツネオ
資本金 500万円

トップメッセージ

英語学習にかける思いとSuper-Englishについて

日本人の英語力の現状について

2020年東京オリンピックは、もう4年後に迫ってまいりました。「おもてなし」の心で世界の人々をお迎えする絶好のチャンスです。けれども日本は、各国の英語力を比較する指標として使われるTOEFLibtテストにおいて、長年にわたってアジアにおける最下位レベルに甘んじてきました。
私は、日本人の美質である「おもてなし」の心に的確な英語力が加われば、どんなにか素晴らしい国際コミュニケーションが生まれるだろうと思うのです。

幸いなことにハワイで育った私は、ビジネスコミュニケーションツールとしての英語に何一つ不自由を感じることがありませんでした。そのために、日本において30年もの間、国際ビジネスの前線に立ち続けることができました。ですから今こそ、Super-Englishを通じて、お世話になってきた日本に恩返しすべき時であると感じています。

日本人の英語力強化で力になりたい

外国語の習得は、みなさんもご存知のとおり、容易なことではありません。英語に毎日触れ、コツコツと学び、聞く事に慣れ、話す勇気を少しずつ獲得していくしかありません。
Super-Englishは、まさにそのことに特化してデザインされたオンライン学習教材です。

第二言語習得の鍵とSuper-English

Super-Englishの創始者Alex Ying氏が引用しているように、言語の習得にはインプット・スキルとアウトプット・スキルのバランスの良い学習が必要です。また幼児が5000時間をかけて母国語を学ぶのと同じように、十分な時間をかけて毎日英語に触れることが大切です。
Super-Englishでは、「読む」「聞く」「書く」「話す」という英語習得に必要なすべての要素が含まれています。「読むこと」「聞くこと」に慣れることで、自然にそれが「書く」「話す」につながります。

また、日本語を使わずに英語だけで学ぶ環境を提供しています。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば大丈夫。言語習得とはそういうものです。
価格も、どなたでも今日から取り組めるよう、月額500円という低価格に設定いたしました。これだけで、一度学習した語彙やイディオム、文例や文法を、翌月以降も自分のものとするまで何度でも学び直すことができます。

さあ、一日でも早くSuper-Englishで毎日英語に触れて、最高の「おもてなし」ができるコミュニケーション能力を身につけようではありませんか!

株式会社SEED 代表取締役社長
Paul Takaki

略歴

ハワイ大学卒業後、ハワイのPMM監査法人に入社し、米国公認会計士免許取得。米国企業Singer Sewing Machine New York本社の内部監査人としてヨーロッパやアジア・オセアニア各国を歴訪。その後Warner Brothers Burbank本社の国際事業部財務・経理本部長として入社し、1985年に同社日本代表に就任。極東・オセアニア代表等を務めた後、マーベル・コミック社極東オセアニア代表を経てデアゴスティーニ・ジャパン代表取締役に就任。2003年まで同社のビジネス拡大期の基礎を作った。その後、UIP映画会社等の代表取締社長を経て、2015年に株式会社SEEDを設立。現在に至る。